プチ不調は自律神経の乱れが原因

「手足が冷える」「体がだるい」「肩こりがつらい」などのプチ不調は自律神経の乱れが原因のこともあります。 夏は特に室内と室外の温度差に自律神経の働きがついていかず乱れがちです。 「自律神経失調症」という病気があります。 自律神経のバランスが崩れ、冷えがひどくなることで様々な不調がからだに現れます。 病気にならないプチ不調のうちに自分で自律神経を鍛える習慣をつけて酢長を解消しましょう。 …

続きを読む

【冷えとりスタイルInstagram】夏は上涼しく、下は温めるコーデ

冷え取りスタイルは夏でもロングなボトムスに、レギンス、靴下を重ねばきが基本のようですが真夏はさすがにきつい時もあります。 暑い時は足首から下、お腹と腰回りなどを冷やさないようにして上は涼しくするのがポイントです。 夏の冷え対策が、秋から冬になって影響します。 暑いからと言って油断すると冷えて代謝が悪くなったからだは、秋になって気温の変化に順応しにくくなります。 夏の冷えの方がから…

続きを読む

夏の暑さ対策と冷房対策に手ぬぐいの活用法

夏も本番になってきました。 皆さん体調など崩していませんか? 近年の異常な暑さで外気と部屋の中の気温の差で、からだも適応せず不調になりやすいです。 暑い時の外出は、熱中症対策に水分補給と塩分補給、それから日傘やアームカバーといろいろ工夫していますがもうひとつおすすめなのが、手ぬぐいです。  手ぬぐいの活用 ●ハンカチがわりに 薄くて大判で乾きやすいので、汗をかく夏には…

続きを読む

コラーゲンを化粧水に混ぜて使って感動!

私事でありますが、娘の結婚式の式場で着物を着るためにヘアメイクをお願いした時のこと。 メイクの下地に化粧水をつける時に、化粧水に粉を混ぜていたので尋ねると「コラーゲンの粉」ということでした。 化粧水を使う直前にコラーゲンを混ぜると肌がプルプルになるというのです。 コラーゲンを化粧水に混ぜることができるなんて全然知りませんでしたが、フレッシュな状態のコラーゲンが肌にとてもいい感じ…

続きを読む

夏も油断大敵!濡れたままにしておくとコワイ、冷えと髪の関係

夏はつい髪を濡れたままにしたり、自然乾燥にしたりしてしまいがちですが、髪をぬれたままにすることで案外冷えるのです。 1.髪を濡れたままにするとどうなるの? 2.髪の乾かし方 3.冷えと髪の関係  1.髪を濡れたままにするとどうなるの? アーユルヴェーダでは、髪を濡れたままにしておくと毒がからだに溜まると考えられています。 3つのエネルギーのヴァータ(風のエネルギー)…

続きを読む

てんさい糖でつくる梅シロップ

毎年、青梅と氷砂糖で作っていた梅シロップをてんさい糖に変えて作ってみました。 てんさい糖の原料は北海道で収穫される「甜菜」です。 てんさい糖はまろやかな甘さで、コクと風味がありミネラルが豊富で、お腹の調子を整えてくれるオリゴ糖が含まれています。 そしてサトウキビと違い寒い地方で採れる植物なので、からだを温めてくれる作用があります。 梅の血液サラサラ効果と疲労回復効果とあわせて…

続きを読む

大人女子には「スタンスミス」がおすすめな訳

以前に冷えとりスタイルに「ジャックパーセル」が人気という記事を書きましたが、大人女子はちょっとカジュアルすぎるスニーカーであることも否めません。 冷えとりさんのスニーカーは「ジャックパーセル」が人気冷えとりファッションをしている女の子たちの履いているスニーカーを見ていると、ローカットの幅広タイプが多いですね。 よく観察してみると「ジャックパーセル」が多いように感じます。 スニーカーなの…

続きを読む

【漢方】奈良で出会った冷えに効く『大和当帰』

観光で奈良県の法隆寺を訪れました。 そのときにふらっと入ったカフェコモドで『大和当帰』に出会いました。 そこで売っている「トウキス」というタブレットの原材料に『大和当帰』が使われていて、その効能がすばらしく血行促進、冷え性の改善、鎮痛効果があるのです。 奈良 法隆寺 カフェコモド atsukoさん(@hietorido)が投稿した写真 - 2016 6月 27 7:41午後…

続きを読む

心の毒だしとからだの冷えに効くヴァーベナ

暮らしの中でリフレッシュしたりリラックスしたいときに、アロマやハーブが欠かせなくなりました。 わたしは夏に向かうこの季節になると特に「ヴァーベナ」を使うことが多くなります。 ヴァーベナのレモンに似たさわやかでみずみずしい香りが、とても気持ちを明るくしてくれます。 ヴァーベナは「長寿のハーブ」とも言われていて、こころとからだに様々ないい効果をもたらしてくれます。 また、昔の…

続きを読む

【冷えとりコーデ】スポーツサンダル×靴下のおしゃれコーデ

今年も流行が続いている「サンダル×靴下」のコーデは、夏も冷えたくない冷えとりさんには、おしゃれと冷えとりを両立できるウレシイ組み合わせ。 特に今年はスポーツサンダル×ソックスの組み合わせがトレンドです。 機能的で歩きやすく、色や柄も楽しめるので足元が楽しくなりますね。   1.Teva   2.KEEN   3.THE NORTH FACE  Teva …

続きを読む

【最新アイテム】冷房と紫外線対策にアームカバー

アームカバーは日焼け防止や虫除けにもなり、着脱も楽なのでかばんにいつも入れておけば電車の中や、エアコンのきつい室内での冷房対策にもなります。 また、マラソンやランニングでアームカバーをつけている人を見かけますが、アームカバーをつけているのとつけていないとでは、筋肉の疲労やからだの温まり方が違うそうです。 なんとなく、おばさんの日焼け止めのイメージで敬遠していましたが、スポーツ用のもの…

続きを読む

冷えとりさんのスニーカーは「ジャックパーセル」が人気

冷えとりファッションをしている女の子たちの履いているスニーカーを見ていると、ローカットの幅広タイプが多いですね。 よく観察してみると「ジャックパーセル」が多いように感じます。 スニーカーなので男女どちらでも履け、ユニセックスなコーデを楽しめるところも魅力のようです。 ひもで調節しやすいので、冷えとりコーデの時は少し大きめのサイズを選ぶといいですね。 有名なアスリートの名前…

続きを読む

読んでいただきありがとうございます